W3

W1S,W1SA,650RS/W3 ~オイル交換についての補足情報

Wシリーズ オイル交換データ Wのオイルは3種独立 Wシリーズはエンジン・クラッチ・ミッションと部屋が3箇所に分かれています。 よってオイルは3箇所から抜きそれぞれに注入します。 エンジンオイルがクラッチと分離されているので、通...
W3

W1S ~カワサキ純正部品最新情報/2019-11

W1S ニーグリップラバー 2019年11月現在左右共に部品在庫有り 右側製品ラベルを見ると日焼けして汚れているのを確認しました。 (ビニール袋はゴム質が染み込んで一部変色) ホンダと違いカワサキは残り数が調べられませんのであく...
W3

Z系,Wシリーズのパンク回避術~チューブタイプにチューブレス性能を持たせる方法

新しいパンク防止方法~Z1/Z2などZ系からWシリーズまで 「チューブレス化せずチューブレスと同等に」 リム内側を加工してチューブレス化するキットが以前より販売されていますが、加工が面倒なのとリムによってはエア漏れを起こすなどトラブ...
スポンサーリンク
W3

ZシリーズとWシリーズのタイヤについて~19インチ標準サイズでのタイヤチョイス

Z系・W系の19インチタイヤ Z1/Z2,Z750F/Z750D1,Z900/Z1000,Z750FX/Z1000Mk2~W1S,W1SA,650RS/W3 これら皆フロント19インチ・リヤ18インチサイズ標準で、幅もフロント3.25~...
【A~G】

CB750のタンクキャップを分解 ~タンクコーティングと合わせて錆落とし

【C】 CB750~フューエルフィラーキャップを分解・錆落とし 別項にてフューエルタンクの錆落としとコーティングを紹介しましたが、それと合わせて分解可能なこのキャップの錆を落とします。 タンク内で燃料に触れる部分はタンク同様にコー...
【A~G】

CB750のフューエルコック ~パーツの全てが新品で販売中

【C】 CB750のフューエルコックをオーバーホール ホンダモーターサイクルジャパンのフラッグシップモデルである『CB750』。 名車保存の為にメーカーは今でも様々な部品の供給に尽力されています。 世界中のファンにとってこれは本当に...
【は~ほ】

Bite/バイトのハンドルスイッチ ~販売終了部品の対応品は?

【B】 【は】 絶版旧車・Bite/バイトのハンドルスイッチ エイプとズーマーと3種同時に発表されたのも今では懐かしい話です。 上記の2車種も近年生産が終了しましたが、部品は問題なく供給されていますので安心です。 バイトに限って...
W3

旧車整備の基本②~燃料タンクの錆落としとコーティングの実践

旧車整備で行う燃料タンクの錆落としとコーティングの方法を解説 旧車のメンテナンス時に必ずと言っても良い程行うメニューにフューエルタンク・コーティングがあります。これは内部の錆落としが大前提の整備・修理ですが、錆落とし~コーティングまでその...
【A~G】

CB750サイドスタンドのダメージ修復~持病のフレームのクラック

CB400~CB750の特徴的修理~サイドスタンドのダメージ CB400に多く見られるサイドスタンドのダメージですがCB750も少なくありません。 カワサキですとマッハ4・750SSにも数台見られました。 熔接熱の繋ぎ目が一番弱く...
【A~G】

CB750 ~ドライブチェーン交換時の注意点

CB750シリーズ ~ドライブチューン交換の注意点 基本が分かっているが故に間違えてしまう事もあります。 ここではCB750シリーズのドライブチェーン交換時の注意点を解説しています。 ドライブチェーン交換の基本 ドライブ...
スポンサーリンク