W3

W3

W1S,W1SA,650RS/W3 ~オイル交換についての補足情報

Wシリーズ オイル交換データ Wのオイルは3種独立 Wシリーズはエンジン・クラッチ・ミッションと部屋が3箇所に分かれています。 よってオイルは3箇所から抜きそれぞれに注入します。 エンジンオイルがクラッチと分離されているので、通...
W3

W1S ~カワサキ純正部品最新情報/2019-11

W1S ニーグリップラバー 2019年11月現在左右共に部品在庫有り 右側製品ラベルを見ると日焼けして汚れているのを確認しました。 (ビニール袋はゴム質が染み込んで一部変色) ホンダと違いカワサキは残り数が調べられませんのであく...
W3

Z系,Wシリーズのパンク回避術~チューブタイプにチューブレス性能を持たせる方法

新しいパンク防止方法~Z1/Z2などZ系からWシリーズまで 「チューブレス化せずチューブレスと同等に」 リム内側を加工してチューブレス化するキットが以前より販売されていますが、加工が面倒なのとリムによってはエア漏れを起こすなどトラブ...
スポンサーリンク
W3

ZシリーズとWシリーズのタイヤについて~19インチ標準サイズでのタイヤチョイス

Z系・W系の19インチタイヤ Z1/Z2,Z750F/Z750D1,Z900/Z1000,Z750FX/Z1000Mk2~W1S,W1SA,650RS/W3 これら皆フロント19インチ・リヤ18インチサイズ標準で、幅もフロント3.25~...
W3

旧車整備の基本②~燃料タンクの錆落としとコーティングの実践

旧車整備で行う燃料タンクの錆落としとコーティングの方法を解説 旧車のメンテナンス時に必ずと言っても良い程行うメニューにフューエルタンク・コーティングがあります。これは内部の錆落としが大前提の整備・修理ですが、錆落とし~コーティングまでその...
W3

旧車整備の基本①~燃料タンクのサビ取り剤とコーティング剤について解説

フューエルタンクの錆落としとコーティングの基本 旧車整備に欠かせない代表的なメニューがフューエルタンク・燃料タンクの錆落としです。 錆落としするとそのままコーティングされて錆が出ないと謳われている製品が幾つかありますが、実車両にて検証す...
W3

Z1/Z2,W3のウインカーリレー~純正新品に交換で動作がスムーズに

Z1/Z2,W3のウインカーリレー 部品名「リレーアッシー、ターンシグナル」 ウインカーリレー。現行車両からすると何の変哲もないこの部品。 旧車にとっては動作が大きく変わる部品です。 オートバイ・自動車のウインカー点滅回数は1分間に8...
W3

W1S,W1SA,W3のクラッチを軽くする方法②~ワイヤーインジェクターと潤滑剤の用意

「W」のクラッチを軽くする方法を再度解説 以前にも詳細を解説しましたが、今回は簡単に要点をおさえた紹介です。前回記事に載せていない部分もありますので今一度再確認・復習としてご覧下さい。 準備するのはワイヤーインジェクターと潤滑剤。 ...
W3

Z1/Z2,W3/650RS ライトステー修正~転倒による曲がりを簡易修正する方法

Z1/Z2,650RS/W3 ライトステー修正方法を解説 立ちゴケや転倒などで曲がってしまったライトステー。分解して取り外し曲がりを修正、そして再メッキ加工へ・・・と言うのが一番理想的修理方法ですが、そこまで費用がかけられなかったりオフシ...
W3

W3 のボディアース線とETCのマイナス線~配線の向き調整でトラブルを回避

W3のETCアース線が振動で割れた~簡単な対策方法 ETC取り付けの「W」で時々認識しなくなるという修理がありました。インジケーターの明滅から取説内にある診断表から認識エラーだと思っていましたが・・・、試乗してエラーが出たのを見計らって各...
スポンサーリンク