Z-1

Z1/Z2 ブレンボラジアル装着~純正スプロケットカバーのまま油圧クラッチにする

スプロケットカバーを変更せずノーマル形状を維持し「油圧クラッチ」へ クラッチを油圧式に変更するとワイヤー式と比べ物にならない程に引きが「軽く」なります それまでは「Z750FX」用のクラッチレリーズを使い(ベアリング方式)ワイヤーは曲が...
Z-1

Z1/Z2の新しい歴史~昭和から平成そして『令和』、カスタム新世代へ(後編)

『祝! 100号記念』~平成のカスタムから「令和カスタム」へ継承 三種の神器 昭和~平成カスタムの象徴として車業界では、昨日・今日と(平成31年4月30日~令和5月1日)日本全国を魅了した退位・即位の儀式で露になった天皇陛下所有の『三種...
Z-1

Z1/Z2の新しい歴史~昭和から平成そして『令和』、カスタム新世代へ(前編)

Z1/Z2の歴史~昭和に生まれカスタム全盛の平成へ 今日平成31年4月30日、平成と言うひとつの時代が終わりを告げようとしています。 明日5月1日は『令和』として新しい時代が幕を開けます。Z1/Z2ひとつを題材にとっても話は尽きず、...
スポンサーリンク
Z-1 ~整備&改造

Z1/Z2 リヤをディスクに変更~推奨するマスターシリンダーとその簡単設置方法・サポートサイズの解説

Z1/Z2 リヤディスクにした時のマスターシリンダーの設置方法 ここではヤマハ純正ブレンボマスターを使った「リヤディスク化」の解説をしています。 サンプルではホイール側ディスクキットにPMC製品を使っていますがディスクキットのメーカー問...
W3 ~整備&レストア

W1S,W1SA,W3 キャブレターのOH~キャブレターを外さずにオーバーホールする

W1S,W1SA,W3 取り外さずにキャブレターをOH 「しばらくエンジンかけてないな~」と言った時、フロートチャンバー内の燃料が傷んでいる様子。でもキャブを外すとなると少し面倒・・・。 そんな時はフロートチャンバーだけ外して簡単に...
【や ゆ よ】

【注意】CB400F/ヨンフォアのヨシムラピストンキット~付属のオイル漏れを起こすヘッドガスケットの対処方法

【よ】 【C】 CB400Fヨシムラピストンキットのヘッドガスケット 明らかな不良品 あまりに酷いのでメーカー窓口に問い合わせましたが・・・。対策品は無く交換は出来ないとの事で少々唖然としてしまいました。先方も原因は分かっているにもか...
Z-1 ~整備&改造

Z1/Z2 メーターアップとセパハン取り付け~メーターを寝かせて当時風カスタム

Z1/Z2 当時風カスタムの定番 セパハンがまだ未公認の違法改造だった時代。それでもあのメーターが「ぴょんっ」と跳ね上がったスタイルに憧れレーサーを意識したポジションで走りたいと思い違反切符覚悟で改造した懐かしい改造です(あくまでもカスタ...
Z-1 ~整備&改造

Z1/Z2 ビモータ外装取り付け~各パーツをセットアップ

【ひ】 【B】 ビモータ/bimota 受注生産品のアルミタンク 「当時物」と呼ばれるものは樹脂タンクですので経年劣化でくたびれている物が殆どです。もともとタンク自体の肉厚も薄く強度的に問題があるのもそうですが、ここまで薄いとタンクがた...
W3 ~整備&レストア

650RS/W3 キャブレターの同調~キャブ整備の解説とキャブレターの良否判断

650RS/W3のキャブレター W1S,W1SA,W3 キャブレターの同調 Wは左右のキャブレターがリンクしておらず独立していますので、良好な調子を保つには定期的に双方の連携・同調を合わせる事が重要になります。 W1S,W1SA,W3...
W3 ~整備&レストア

W3にETC車載器を~新型『ETC 2.0』取り付けの解説

最新モデル『MSC-BE700E』をW3に取り付け 2030年を目途にETC2.0へと移行され従来のETC1.0は使えなくなります。セキュリティの関係での決定ですので時期が早まる事も考えられます。今回のキャンペーンに合わせ(2019年...
スポンサーリンク