W3

W1S,W1SA,650RS/W3 ~「エラ張りエキパイ」について

W1S,W1SA,W3 エラハリエキパイの取り付け 「エラハリエキパイ」とは その名の通りエラが張った形状でのエキゾーストパイプで、様相としてはまるで「マンモスの牙」の出で立ちです。 25年も前ですがこのエラハリの引き合いが多...
W3

W1S,W1SA,650RS/W3 のフロントチェーンケースの外し方~ドライブスプロケット・フロントスプロケット交換

W1S,W1SA,W3 のフロントチェーンケースの外し方 ガスケットがガッチリとくっついて剥がすのは一苦労 クランクケース部分でガスケットがくっついてしまいなかなか取れません。 プラスチックハンマーで叩いても外れない場合は「タイヤ...
W3

W1SA,650RS/W3 ~シフトリンクの調整

W1SA,W3 ~シフトリンクの調整でスムーズな変速を 逆チェンジの車体はリンクを介して正チェンジに W1Sは逆チェンジですがW1SAとW3はこれにリンクを加えて正チェンジに戻されています。 このリンクがなかなかの曲者でありますが...
スポンサーリンク
W3

W1S,W1SA,650RS/W3 ~シフトチェンジ・変速不良の原因

W1S,W1SA,W3 ~変速不良・シフトチェンジ不良の原因 シフトペダルを動かしてもギヤが変わらない ペダルを踏んでも変わらない。かき上げても変速しない・・・。 そんな症状が発生した場合まずは「シフト調整」から始めましょう。 ...
W3

Z1/Z2,650RS/W3 ~レストアへの拘りと「PRIDE」

Z&Wシリーズ レストアへの情熱 ~拘り、そして「PRIDE」 旧車再生への情熱はこの頁が全てではありません。 しかしその入り口の向こう側がここから垣間見える事でしょう・・・。 Z1/Z2とW3はレストアに関しては同じ範疇に入りま...
【は~ほ】

バリオスのオイルと水漏れ ~オイルポンプ・ウォーターポンプの分解整備

バリオスのオイル漏れ修理 ~オイルポンプ分解 オイルポンプがウォーターポンプを兼ねた構造 バリオスはオイルポンプとウォーターポンプが同軸にある構造ですので、どちらか一方が壊れてもオイル交換・クーラント交換がセットになった修理となりま...
【A~G】

CBR250RRを題材にしたトラブル実例 ~突然電源が入らなくなる

MC22/CBR250RR ~走行中に電源が切れて不動に CBR250RRの実例で解説していますが他車種でも発生した事例です 通常走行中に突然エンジンストップ。そのまま何をしても電源が入らない状態になりました。 オートバイの電源が...
【あ~お】

アドレスV125Sの故障診断 ~エンスト後エンジンがかからない・吹け上り不良

アドレスV125Sの不調 ~エンスト、吹け上り不良の修理実例 アドレスV125Sに多い不調の原因を解説 原因解明に繋がる一通りの修理箇所を案内しています。 エンジンが掛からない・吹け上り不良 ~その症状内容 信号待ち...
ナレッジ

配線の繋ぎ方・ハンダとコテの使い方 ~Z1/Z2,650RS/W3等旧車での配線トラブルのヒント

配線の固定方法 ~配線修理に欠かせない半田ごて 腐食した線はハンダを使ってしっかりと繋ぎ直します ZとWのメーターから出ている配線の束。 この中で2本を1本に束ねている線が幾つかあります(青線・黒/黄線)。 これの腐食による線の...
W3

W1S,W1SA,650RS/W3リヤフォークOH ~スイングアーム補足編

W1S,W1SA,W3 ~スイングアーム・オーバーホールの補足編 スイングアーム分解時の説明を追加 内部構造は左右のブッシュとブッシュ中央のスリーブの3点構造。 シャフトの通る内部は綺麗に洗浄 Wのスイングアームは固着無し ...
スポンサーリンク