Z1/Z2,Z1000系の純正スプロケットカバー使用可能な油圧クラッチキットを製作

Z-1
Z1/Z2~Z系の油圧クラッチキット販売
Z1/Z2,Z750FXからZ1000Mk2,Z1Rまで対応の油圧クラッチキット

純正・ノーマルのスプロケットカバーが併用可能な油圧クラッチキットです


スポンサーリンク

油圧クラッチ化をさり気なく

いかにも「カスタムしてます」と言った改造ではなく、純正カバーなのによく見るとクラッチが油圧になっている風のキットです。

 

キット内容はクラッチボード、専用プッシュロッド、ポンプ、取付ボルトとカラーのセットとなっています。

 

  • クラッチボードとアルミカラーはシルバーアルマイト仕上げ。
  • プッシュロッドは規格外のシャフト径ですので削り出し&熱処理にて先端強度を高めています(焼き入れ後、防錆加工としてユニクロメッキを施してあります)。
  • 付属のボルト類は錆に強く剛性の高いステンレスを使っています。

 

マスターシリンダーは「ブレンボ・ラジアルポンプ」を推奨。
ピストンサイズですが、「切れ」重視の場合は『19×18』サイズを、引きの「軽さ」を追求するならば「16×18」となります(レバーレシオ可変・調整機構の付いた「RCS」で微調整も可能です)。

 


取り付け方法についてはこちらの記事を参考にして下さい

【要加工部分】~スプロケットカバー
チェーン自動給油装置が付いた車両はポンプ取り付け部分が干渉しますので、サンダー等で削って対処します。
Z1000用のカバーであれば干渉・加工する事無くクラッチキットは取り付けが可能です。
使用するホースフィッティングの形状にもよりますが、カバー側・クラッチワイヤーの嵌る部分を削って肉厚を薄くしホースとの干渉を回避する加工も必要な場合があります。
(上記取り付け解説記事内にて詳細記述)

 


油圧クラッチに換装 ~2つの注意点

  • Z1000Mk2及びZ1Rに関しましては一部最終型には取り付け不可となっております
  • オフセットスプロケットには対応していません

画像〇印部分にガードプレート取付用ボルト穴の無い物には取り付けが出来ません。エンジンが載せ換えられていたり、年式違いの部品に交換された車体も多いのでお使いの車両をご確認下さい。

~~~オフセットスプロケット装備の車両にも取り付けは不可となります。
5mmまでのオフセット用は現在サーキットにて試験中、1~2mmシム調整で使用可能を確認中です。

 

【販売価格】

ポンプ付きクラッチボードセット : 26000円

 

ご興味のある方はこちらからどうぞ