カワサキ Z1/Z2~スプロケットのコンバートにおける歯数の計算方法と純正対応丁数

Z-1
z-1 チェーンコンバート
スポンサーリンク

Z-1のコンバート・スプロケット ~530サイズへ~

軽量化による走り出しの軽さが体感できるなどその恩恵が大きいカスタムパーツ

今回は一目で分かる様に純正ギヤ比対応のスプロケット歯数とチェーンリンク数を解説

 

630チェーンから530チェーンへのサイズダウン

  • Z-1のスプロケット純正丁数は、フロント15丁リヤ35丁 が標準です。
  • 結論から言うと630から530へとサイズダウンする場合、
     フロントは15丁18丁、 リヤは35丁42丁 となります。
     チェーンリンク数は92L→110L になります。

 

  • Z2に於いては、フロントは同じに15丁18丁、 リヤは42丁50丁
     チェーンリンク数は96L→115L となります。

【変更用計算式】

☆変更前スプロケット歯数×変更前チェーンサイズの上一桁÷変更後チェーンサイズの上一桁

☆変更前のチェーンリンク数×変更前チェーンサイズの上一桁÷変更後チェーンサイズ上一桁

~~~上記方式で計算すると
 Z-1の場合
【フロントスプロケット】  【リヤスプロケット】    【ドライブチェーン】
15×6÷5=18(丁)  35×6÷5=42(丁)  92×6÷5=110.4(L)

実際の装着例

 

チェーンは0.4リンクオーバーしていますが、チェーンには必ず「弛み」と言う物が必ずありますので110Lで大丈夫です。
これは実際に交換して実証済みですので間違いありません。
フロントスプロケットは精度の高い「サンスター」に於いて設定は17と18丁がありますので問題なし。但しリヤスプロケットはサンスター製スチールの場合、販売されているのは41・46・50丁の3種となり42丁の設定がありませんので41丁を使うのがベストだと思います。
(→ギヤ比計算をしても殆ど変わりはありませんので、ノーマル比で違和感なく走れます)

 

 

フロント側は片面に段差がありますが段差付き側が表向き/外向きになります(画像右側)

スプロケット径は630/15で「100mm」、530/18が「97mm」実測です。

計算上で数値はピッタリしていてもやはり実測値は違ってきます。
コンバート後のインプレッションとしては動き出しの軽さ・素早さがまず第一に感じられます。
何よりもルックスの上でゴールドチェーンやメッキチェーンが選べるのが嬉しいですね。
(→RKでは630チェーンは金属地肌の1種類しかすでに選べなくなっています)
EKチェーンやDIDでは630チェーンでも未だ色付きの設定があります

 


 

</