イントルーダーLC250~キャブのインシュレーターは未経験でも容易に交換可能

【あ~お】
イントルーダーLC250 インシュレーター交換
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【い】

スズキ イントルーダーLC250は整備性良好

ひび割れてきたキャブレター・インシュレーターの交換です。

段取りを取る為各部を物色したところ、キャブは外さなくとも浮かせるだけで交換が出来そうだと判断して作業を進める事にしました。

整備性良好な「イントルーダーLC250」

 

まずタンク上に設置されているメーター。ホンダと違い配線の通りが簡単でカプラー等外さなくとも数本のビスで固定されているメーター本体を「だら~ん」とぶら下げておけば問題なし。

 

タンクキャップを一旦外さないとこのカバーはとれません。

 

 

メーターは御覧の様にぶら下げておいても全く問題はありません。

外す部品点数が少ないのは整備性が高い何よりの証拠

 

燃料タンクを外したらあとは右側のエアクリーナーボックスを取れば準備OK

 

簡単にものの数分でここまで分解が出来てしまいます。

 

 

僅かにこのタンク・クリーナーボックス・ダクトの3点のみの取り外しで作業は進めて行く事が出来ます。

 

 

ビス類もたったのこれだけ!

自分でバイクを整備したい方には是非お勧めしたい車両です。

部品注文の注意点

インシュレーターには「Oリング」が左右分2個付属してきます。パーツリストでは確認出来ないのとメーカーに尋ねてもそこまでの返答は返ってきませんので要注意。ですのでOリングは別口で注文しない様に気を付けましょう。

 

キャブを固定するビスを緩めてキャブを上方に抜きます。

インシュレーターを固定するボルトを4本取り外します。

★固定する時はネジ部にスレッドコンパウンドを塗るとカジリ防止になります

 

~~~知恵の輪に近いものを感じますがなるべくキャブを上方に持ち上げたうえで、「への字」になったインシュレーターをうまく反転させながら抜き去ります。

組付けは取り外しの逆を辿っていけば簡単に組付けられるはずです。

参考にして下さい。

インシュレーター接合面を「オイルストーン」で平らに均すと良いでしょう。