カワサキ車両のオイルフィルター交換

ナレッジ
カワサキ車のオイルフィルター交換~社外マフラー編
カワサキ車両のオイルフィルター交換

社外マフラー取り付け車両のオイルフィルター交換

「フィルター交換×」になっているマフラーでも、マフラーの取り外しをせずとも交換可能な物もあります。

スポンサーリンク

マフラーの通り道を確認

マフラーがフィルターカバー・フィルターケースの真上を通っていなければ、脱着不要な場合があります(真上に無くともエンジンとマフラー間のクリアランスも重要です)。

マフラーメーカー問わずゼファー750とZRX1100については交換可能な物が多いです。

画像の様な排管通路に近い配置であればマフラー脱着は不要でフィルターが交換可能です。

オイルフィルターの取り外し

サイレンサー側のボルト・ナットを外して後方をフリーにする

マフラー後方が動かせる様にサイレンサー固定ボルトは外しておきます。

フィルターボルトを緩めてオイルパンとフィルターカバーとの間に広く隙間を作ります。
フィルターをエンジン側に残しつつフィルターボルトを抜いていきます。


 

 

画像の様にフィルターボルトとカバーを先に取り外します。


 

フィルターはこの様にマフラーに干渉してしまい引っかかってしまいます。
ですがマフラー後方がフリーになっているのでサイレンサーを右下方向に引っ張る事で隙間が増し、オイルフィルターが斜めに抜き出す事が出来るのです。
(分かり易い様に新品のフィルターを使って解説しています)

フィルター取り付けは逆の手順で行います


オイルフィルターに付属のプレート

お茶缶の蓋の様な形状ですがパーツリストでは「プレート」となっています

同じカワサキでもこれが上から被さったり下にあったりと、車種によって二通りあります。

マニュアルからの画像は「GPZ400R」からのもので、4番がそのプレートです。

上下どちらに付くのか分からなくなった時の見分けは、このプレートの底面(上面でもある)が平らであれば下側に、右側画像の様に段があるものは上面に付くと覚えておいて下さい。
ゼファー750やZRX1100等は上面に付いています。