エンジンオイル交換の必需品 ~Wにお勧めのオイルジョッキについて

W3
Wのオイル交換に適したオイルジョッキを紹介
オイル注入用オイルポット・オイルジョッキについて

エンジンオイル交換にあると便利

ジョウゴを使う人も多いですが、揃えておくと便利な道具のひとつです。

スポンサーリンク

各メーカーで目盛りの「誤差」

規定量はオイルレベルゲージで確認

ゲージにてオイル量を確認するので問題はありませんが、オイルジョッキに印された目盛りに誤差があるのは製品としての不備が問われます。


今回検証したのは「AZ」「BOLL」の2社製品

 

正確な値のガラス製メスシリンダーを用意してガソリンを使って計測・計量しました。
「AZ」は1Lポット
「BOLL」は2Lポット

結果から言うと「AZ」は正確な目盛りでしたが「BOLL」は不正確でした。
「BOLL」はデイトナで販売している商品で「大澤ワックス」という会社が作っています。
デイトナのカタログでは大澤ワックス製との記載はなく、自社製品風に販売しています。

 

目分量になりますが2Lポットで0.1L(100ml)以上の誤差があります。
また、正確に2L入れると口から溢れる直前の油面になります。
(黒く書いた線が本来の2L位置)


 

 

以前BOLL製品で失敗したので今回新調するのにデイトナを選びましたが・・・、
まさか同じ製品が届くとは思いませんでした。

残ったオイルが保管出来る以外のメリットはありません。

AZ製品はお薦めの商品

AZは値段も手頃で正確な製品

AZはノズル先端部がテーパーで細めに絞られているので、オートバイ用エンジンの小径な給油口でも丁度良いサイズでよく考えられた製品です。

反対にBOLLは先端部がネジ式キャップになっているので保管は良しとしても注入時はエンジンによってはサイズが合いません。2Lジョッキで正確に測って2L入れると溢れそうな位置までくるのは閉口してしまいます。


 

 


 

 

 

素晴らしい事にAZの1Lポットは0.2L刻みの目盛り全てで一致しています

*****AZ・1Lポットはその形状から「W」のミッションオイル注入に非常に便利です。

~~~オイル交換作業の参考にして下さい。