zクラッチ

Z-1

Z1/Z2 ~クラッチレリーズについて

Z1,Z2,Z1000系 ~クラッチレリーズの整備方法とクラッチ調整 ここではクラッチレリーズの分解・組み立てまでを解説しています。 レリーズに不具合があるとクラッチ操作が不愉快 経験談ですが、レリーズでグリス切れが起こる...
W3

Z1/Z2からW1S,W1SA,W3まで ~旧車のクラッチワイヤーは重くない!

Z1/Z2 ~Z系とW1S,W1SA,W3 ~W系のクラッチワイヤーについて 最近整備に関するお問い合わせで多いのが「クラッチワイヤー」について。 自己流の整備方法を公開している他サイト記事を実践するにあたっての質問が度々やってきます。...
W3

Z1/Z2,W1S,W1SA,650RS/W3のクラッチを軽くする方法②~ワイヤーインジェクターと潤滑剤の用意

「W」のクラッチを軽くする方法を再度解説 以前にも詳細を解説しましたが、今回は簡単に要点をおさえた紹介です。前回記事に載せていない部分もありますので今一度再確認・復習としてご覧下さい。 準備するのはワイヤーインジェクターと潤滑剤。 ...
Z-1

Z1/Z2 ブレンボラジアル装着~純正スプロケットカバーのまま油圧クラッチにする

スプロケットカバーを変更せずノーマル形状を維持し「油圧クラッチ」へ クラッチを油圧式に変更するとワイヤー式と比べ物にならない程に引きが「軽く」なります それまでは「Z750FX」用のクラッチレリーズを使い(ベアリング方式)ワイヤーは曲が...
W3

W1S,W1SA,650RS/W3のクラッチ調整~今まで以上にクラッチを軽くしたい (Z系にも対応)

W1S,W1SA,650RS/W3 クラッチ調整 「W」はクラッチが重たい・・・と、言われることが多いですが、その殆どは「ワイヤー内の油切れ」による抵抗の為。 ワイヤー内部への注油で良好になりますが潤滑油の種類によってはしばらくの後...
スポンサーリンク