W650のバッテリーとキャブレターの外し方

【V~Z】
W650のバッテリーとキャブレターの外し方を解説
W650の整備性は悪い!?

脱着方法が分かってしまえば簡単な事ですが作業性は悪いです

特にバッテリーが上がってしまうとケーブルは繋げられないと思うほどのスペースの無さです。
そうならない為にもバッテリー管理はしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク

バッテリーの外し方

バッテリーは左側サイドカバー内に

まずはシートを外してバッテリー上部にあるカバーを捲ってプラスとマイナス線を外します(必ずマイナス線から外す事)。サイドカバーを取り、ここに収められている電気部品のカプラーを全て外します。スタータースイッチは上部のカプラーを外すだけで2本の太い線は取らないでも大丈夫です(スイッチはプレートに挟まっているのでこれを引き抜きます)。M6ボルト2本を抜いて樹脂のカバーを外せば車体左側へとバッテリーを抜き出す事が出来ます。


キャブレターの外し方

キャブレターはエアクリーナーボックスを外さないと取れません!

キャブレターはエアクリーナーボックスを外してからの取り外しになります。
バッテリーは抜き出さないでも良いですが、配線類の取り外しまでは同じです。ここまで出来たら右側サイドカバーも取って作業を進めて行きます。

画像はエアクリーナーボックスを外し終わった所です。左側は配線類が多くクリーナーボックスを取り付けるのにも結構大変です。これが左右合わせですから尚更組み付けには要領良くしないとなりません。後の作業を考えるとボックスは右側から先に取って、組付けは左側から行うのが良いと判断出来ます。

エアクリーナーボックス上部と車体を繋ぐプレートを外します。


 

 

右側エアクリーナーボックスの上下2本の丸ビスを抜き取ります。このビス2本で左右が固定されている訳です(中央のビスは無関係なので外しません)。
組み立て易さを考慮してクリーナーボックスは右側から外します。


 

 

右側ボックス下のセンサーカプラーとブリーザーホース大小の2本を外します。これで手前(車体側面)に引き出せば右側ボックスが取り外せます(上部を通るメインハーネス線に注意)。

右側ボックス下、赤丸で印した3箇所を外してからボックスを引き抜きます。

左側は配線が多いので引っかからない様に丁寧にクリーナーボックスを取り出します。
上部に太いパイプがありますのでホースを抜きます。右側と同じ様にボックス下部にもブリーザーホースがありますのでこれも抜いておきます。道具箱にしっかりとしたプライヤーが1本あると作業がはかどります。

掴む事に特化した『メカニックプライヤー 200mm 3811-200』がお薦めです


 

 

右側ボックスが外れた画像です。
リヤブレーキの配線は引っかからない様に外してあります。


 

 

 

左右のクリーナーボックスはこの様になっています(画像上が車体前方になります)。

 

これでようやくキャブレターが取り外せるようになりました。アクセルワイヤーを外し、インシュレーターバンドを緩めればキャブレターを外す事が出来ます。

キャブレターOHの場合、エアスクリュー開度は『2-1/8回転戻し』です