W1S,W1SA,650RS/W3 ~オイル交換についての補足情報

W3
Wシリーズ オイル交換補足情報
Wシリーズ オイル交換データ

Wのオイルは3種独立

Wシリーズはエンジン・クラッチ・ミッションと部屋が3箇所に分かれています。
よってオイルは3箇所から抜きそれぞれに注入します。
エンジンオイルがクラッチと分離されているので、通常使えないオイル添加剤が使えると言う利点があります(ベルハンマー等、強力・効果的な添加剤)。



スポンサーリンク

エンジン・クラッチ・ミッション、それぞれのオイル量

オイル交換時の注入量参考値

  • エンジンオイルはオイルパン外さずエンジンを回してオイルを抜き切った状態で約「2.5L」
    これでゲージ半分程の量です。
  • クラッチオイルはケースを分解洗浄した後でのフル注入量で「450ml」
  • ミッションオイルは分解無し、車体を傾けてオイルを抜いた状態で「400~430ml」

 


液体の量を表す単位~ccとmlの違い

オイル量を測る時など「cc」、「ml」どちらが正しいの?

ccとは「キュービック・センチメートル」の略「立方センチメートル」 (cm3)
mlとは「1000分の1リットル」 立方センチメートル (cm3)(cc) に等しい
  • cc」は立方センチメートルで、空間から量を表現した単位
  • ml」はミリリットルで、体積から量を表現した単位

以前は飲み物での量の表示として「cc」表記が主流でしたが現在では「ml」にされています。
(排気量は「cc」で今なお普通に表示されていますが・・・)