CB750サイドスタンドのダメージ修復~持病のフレームのクラック

【A~G】
CB750 サイドスタンド部の修正
CB400~CB750の特徴的修理~サイドスタンドのダメージ

CB400に多く見られるサイドスタンドのダメージですがCB750も少なくありません。
カワサキですとマッハ4・750SSにも数台見られました。

熔接熱の繋ぎ目が一番弱く、一旦熱が入った部分は弱くなります。原因は錆びによる内部腐食によるもので、スタンドに掛る荷重によって徐々に溶接部分からクラックが入っていくメカニズムです。

~~~CB400では外側溶接部分が腐食しますがCB750では裏側溶接部分が腐食する様子です


スポンサーリンク

溶接による修理方法

錆の腐食が酷い場合は電気をかけた瞬間に弾けて大穴が開き、周辺一式が無くなって終了です。

まずは各部を脱脂洗浄して断面の確認から行います。
酷くならない様に慎重に、割れた部分を少し広げて内部確認する事も重要です。

しっかりと脱脂してキャブレターも外すかフロートチャンバーを取り乾燥させて
バッテリーも外して溶接での火災対策を確実に行います。

CB750の場合はドライブチェーンへの自動給油が働いていれば周囲にオイルを撒き散らしている筈です。そのおかげで割れた断面の腐食が進行せずにいる場合が多いです。

 

スタンド周辺の脱脂洗浄が終わったものです。

クラックの広がり度合いは酷く、前面側だけで辛うじて繋がっている様な塩梅です。

【作業手順】

  • 各部隅々まで脱脂洗浄を行う。
  • キャブレター、マフラー、ステップ、バッテリーを取り外す。
  • プレートを押し下げ、割れた部分の隙間を極力無くします。
  • 割れていない前面部にビードを走らせ補強する(前面の溶接補強)。
  • 溶接作業を行うスペースを確保するために車体を左側に最大限傾けます。
  • 裏側からの溶接作業。クラックを埋めたら補強プレートを作り溶接。
  • サイドスタンド側の削れを「溶盛り」で修正して車体の傾きを修正する(かかと部分)。
  • 2液ウレタンでペイントして作業完了。

  【車体を傾ける】

厚手の木材とオフロードジャッキを併用して左側に傾けます。

ハンドルは切らず真っすぐにし、前後のタイヤにはハンマーを噛ませて前後に動かない様にしています。それにプラスしてフロントブレーキをバンドで固定しブレーキが掛かった状態にします。

  【溶接作業】

★クラック両側を補強する要領でビードを走らせ、最後に中央の隙間を埋める様に溶接します
★補強プレートを作りフレームに合わせて曲げて溶接。これは点付けでも問題ありません。

裏側補強は「2mm」程度の肉厚プレートにし、溶接後の処理は平らにします。

マフラーに「逃げ」がある程この部分の隙間は少ないので溶接後の処理は平滑にしないと干渉するので要注意。

~~~下回りのスペースの関係上、塗装する時も車体を傾けて行います。


CBレストア時の注意点

CB400/CB750共にフルにレストアする場合、フレームにクラックが無くともペイント前段階で補強プレートの追加は必至です。内部腐食迄目視では判断出来ないのと今は平気でもレストア直後にクラックが入る場合も考えられます。
フレーム単体の方が綺麗で確実な作業が行えると言う利点もあります。