旧車御用達 ヨシモト・バックステップの改造 ②~当時物を惜しげも無く現代風にリフレッシュ!操作性向上 Z-1編

Z-1

 

ヨシモト・バックステップ シフトペダルの改造②

 

部品も揃い、一部必要だったネジの変更(M12→M8)も終わり組み立てを残すばかり。

部品一覧

アルミシフトロッド

シフトロッドは『バトルファクトリー』製品  全長「90mm」を使用。

10mm単位の細かい設定であり、70mm~ありますので殆どの要望に合うでしょう。
ネジ径含め、無いサイズは全て作っても頂けますのでこれは我々にとって嬉しいサービスです。
(せっかくでしたのでバフ仕上げとしました)

シフトペダル付属のピロボールは『雌ネジ』、それに対して反対側は『雄ネジ』。
ですのでこの雌ネジに原付用マフラースタッドボルトを使い雄ネジ化しています。

びーのちゃん
びーのちゃん

ステンレスのナットまで

バフ仕上げにしてるのね~


 

加工の終わったシフトシャフト

M12→M8へ変更

シフトシャフトもM8に削られ装着を待つばかり・・・。

ダイスでM8ネジ切の場合、シャフト径は『7.85mm』辺りがベストなサイズ

ここは知り合いのハーレー屋さんに削って頂き、ネジ切は自身でダイスを使いM8仕上げです。

スポンサーリンク

ハイブリッド・ペダルの完成形

ステップバーホルダーとシフトペダルの干渉もなく、ほぼ思い描いた通りに作業は進みました。

ゼットワンワン
ゼットワンワン

今までガタツキが大きくて操作しにくかったけど

これからはスムースで快適になるね~♪

びーのちゃん
びーのちゃん

そうね そうよね~☆

クタクタなのがシャキッとしてギヤチェンジが楽しくなりそ~♪

長穴加工でクリアランスもOK

シフトロッドの通りも真っすぐに

ペダルの形状も良く出来ていて、好みの位置までペダルを下げてもサイドスタンドとも離れていて、
理想的なポジションへの調整が可能となりました。
(ヨシモト・ペダルでは低くするとシフトダウンでスタンドに当たります)

また、ピロボール部分が土踏まず内側にグリグリと当たる為、長時間乗ると意外に不愉快でした。
ZZ-Rペダルはその位置が低いうえ前方にある為殆ど当たる事はありません。

ポジション(低い位置に設定可)・スムース(太いシャフト&ブッシュ入り)
そして『Comfortable(快適)』、3拍子揃った完璧な改造という効果!

当時物に拘るのも良いですが、操作系での改善は出来る限り修正すると乗り心地は抜群です。

 

当時物+現代部品

こんなハイブリッドもアリだと思います。

軽量アルミ製でガタも出難いでしょう~☆

こうしてツーリング後に気になった部分を改善していくのは改造の醍醐味でもあります。

不具合が解消されまた一段と乗りやすくなった事でしょう~♪

 

【整備後記】

・・・シフトロッドは「80mm」が良いかと思います。

 

=ステップ改造~(完)=