カワサキ Z1へのETC取り付け~「アンテナを隠す」アンテナ位置を検証 専用ステーを作って車載器はサイドカバー内に取り付け

Z-1 ~整備&改造
Z-1 ETC取り付け
スポンサーリンク
旧車『Z-1』へのETCアンテナ設置
小さいとは言えど個人的にアンテナは隠してスマートに取り付けたい心情
びーのちゃん
びーのちゃん

そんなことってできるのかしら~??

Z1A/Z2Aまではスペース的に難しいのですが、Z1B/Z2B以降の車両ですと問題なくOK
ゼットワンワン
ゼットワンワン

縦長インジケータータイプのだね!

今年久しぶりに「ETCキャンペーン」が始まって(2018年11月下旬)、
これを機に装着する人達への参考に・・・(お時間頂ければ加工可能)
いずれはこの加工メーターステーを商品化の予定です。
この方法だとアンテナの類は一切表に出ずETCが付いていない様にも見えます・・・

一番下のインジケーター内に内蔵   

カバーを外せば御覧の通り 

ミツバ製      MSC-BE51
ミツバサンコーワ製『MSC-BE51』
メーカーサイトはこちら→ https://www.mskw.co.jp/motorcycle/etc/be51
この機種はインジケーターランプ一体式でアンテナも一番コンパクト
メーター側ブレーキランプ部分にすっぽりと違和感なく収まります
赤く四角い内部プラスチックレンズは外しましたのでアンテナランプが綺麗に表示されます

ステーを加工

裏側

電波の送受信も良好です
今までミラー共締めステーに頼っていた車両も変更可能です
洗車・掃除の際にもアンテナ内蔵は嬉しい配慮です
ダブルサン
ダブルサン

うわぁ~ い~なぁ~♪

残念ながら「W3」もメーター形状が「Z1A/Z2A」と同形状の為格納不可です

 

スポンサーリンク

車載器本体の設置方法は

車載器本体は左側サイドカバー内に収納されています
ここは元々ドライブチェーンに給油する為のオイルタンクが設置されていますが「Z1B/Z2B」から設定が無く、広くスペースが空いているので何かと活用出来ます。ですのでここに点火系ユニットと一緒に車載器をセットしています。

 

車載機奥に見える青いBOX、点火系は『ウオタニSP-2』です

リヤブレーキ・ディスク化によるリザーブタンクも同様にこの中に収められています

 

ETC車載器はマジックテープとラバーバンドにて固定されています

2019年2月現在での「ETCキャンペーン情報」
つい先日終わったばかりの「ETC助成キャンペーン」。
件数は今の時点で未定ではありますが同じ内容の「10000円助成金」で4月より始まる事が決定しました。
と、同時に入ってきた最新情報では「ETC 2.0」以前の「1.0」にあたるモデルは「2030年」を目途に使用不能になると言う事。
これは二輪・四輪問わず全ての車両が使えなくなると言う衝撃的な告知でした。
『ETC 2.0』はアンテナが大きいのでこの記事にある様な設置方法は難しいかも知れません